1相性ピル・3相性ピル何が違うの?どちらを選ぶ?メリット、デメリットまとめ

投稿日:

1相性ピル・3相性の違い

ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストーゲン(黄体ホルモン)のホルモン量が一定の「1相性ピル」と、途中でホルモン量が変わる「3相性」に分かれます。

1相性ピルの特徴

21日間の服用中、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合が一定で変わりません。
飲み間違いが少なくてすみます。日本で発売されている代表的な低用量ピルはマーベロン21(Marvelon21)です。

1相性ピルの場合は、21日間の服用期間中、すべてホルモン配合量の同じピルを使うため、服用方法は非常に簡単で、飲み忘れもほとんどありません。

3相性ピルの特徴

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合量が、途中3段階に分かれて異なり、服用する順番が決まっています。総ホルモン量が少なくてすみます。
日本で発売されている代表的な低用量ピルは、トリキュラーED(Triquilar ED)・アンジュなどです。

3相性ピルの場合は、前半に不要のプロゲストーゲンを極力少なくした自然のホルモンの分泌パターンに似せています。注意してもらいたいのは、服用の順序を間違えると不正出血を起こしたり、避妊効果にも影響してきます。

1相性ピル・3相性ピルのメリット・デメリットまとめ

1相性ピル 3相性ピル
メリット ・飲み間違いや飲む順番が変わってもホルモン量が一定なので飲み間違いによる避妊効果の低さがあげられます。

・月経をずらしたりしたい方は1相性ピルの方が調整しやすいです。

・女性の自然なホルモンバランスにより近くなるように変化するため不正出血が1相性ピルに比べ少ないです。

・月経(消退出血)時の内膜の剥がれ方がきれいなので月経も起こりやすいです。

デメリット ・3相性ピルに比べると不正出血を起こすやすいと言われています。 ・ホルモン量が階段型に変わり錠剤も異なるため、飲み間違いが多いことがあげられます。

・PMSが起こりやすいとも言われています。

・月経をずらしたりするために連続使用をる場合は3相性ピルは避けた方がいいです。

代表的なピル


>>マーベロン


>>トリキュラー

 

1相性ピル・3相性ピルのどちらを選ぶ?

メリット・デメリットを比べてみて自分に合いそうなピルを選んでみてください。

飲む順番や飲み間違いが心配な方やピル初心者の方は「1相性ピル」の方が使いやすいかと思います。使い続けていくうちに不正出血が気になるようでしたら「3相性ピル」へ変更してみてはいかがでしょうか。

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

低用量ピルの購入はオオサカ堂がおすすめ

病院以外でもピルはネットで購入することもできます。

しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後!さらに、まとめ買いするともっとお安く購入できてお得で便利ですよ。

送料無料・手数料なし・正規品保証・確実発送・安心梱包

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピル基礎知識

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.