いろいろな避妊法まとめ 特徴やメリットとデメリットについて

投稿日:

避妊法はたくさん種類がありますが、使いやすさ避妊効果の高さなどいろいろあります。
特徴やメリットデメリットをまとめましたので、自分にあった避妊法を無理なく確実に選ぶことをお勧めします。

経口避妊薬(ピル)

>>トリキュラーED(Triquilar ED)

特徴  二種類の女性ホルモンが入った錠剤を、毎日同じ時間に1錠飲むことで、排卵を抑制する。正しく使用すれば非常に高い避妊効果を持っています。
メリット 女性主体で行える
デメリット 服用2〜3ヶ月間に、吐き気や頭痛などのマイナートラブルが出やすい。
服用できない人もいる。
性感染症の予防効果はない

 

銅付加IUD(子宮内避妊器具)

>>避妊リング・ヌーバリング(Nuvaring)

特徴  子宮内に装着して、受精卵の着床を阻止します。銅イオンは精子の運動能力を弱まらせるため、非常に高い避妊効果があります。少なくとも1年に1度、検診を受けた方が良いです。
メリット 効果の高い避妊法で、一度装着すれば 3週間は効果を持続できます。
デメリット 出産経験の少ない女性には向いていない。
月経量が増えたり、月経痛が悪化することも。

 

男性用コンドーム

早漏防止コンドーム

特徴 男性の性器に装着して、精子が子宮に侵入するのを防ぎます。射精前ではなく、性器の挿入前に装着しないと避妊としての意味はありません。
メリット 安くて手に入れやすい。
性感染症の予防ができる。
デメリット 破れたり、外れる可能性があります。

 

女性用コンドーム

特徴 女性が自分の膣内に装着します。膣全体から外陰部まで覆うので、性感染症の予防ができます。
メリット 女性主体で行える
デメリット 使い勝手が悪い。
男性用コンドームに比べると高い。

 

ペッサリー

特徴 お椀のような形をしたゴムの避妊具。セックスの前に膣内に挿入し、子宮の入り口に蓋ををして、精子の侵入を防ぎます。射精後、精子が消滅するまで8時間ほど膣内に入れておく必要があります。
メリット 女性主体で行える
デメリット 失敗が多く、現在ではほとんど使われていません。

 

殺精子剤

>>VCF(避妊フィルム/マイルーラ米国版)

特徴 精子の活動を抑え、死滅させる薬です。セックスの前にフィルムを膣内に入れて溶けるのを待ちます。
メリット 女性主体で行える
デメリット 効果を発揮する時間が3時間と限られている

 

リズム式(オギノ式、基礎体温法)

特徴 排卵の時期を予測し、その時期にセックスを避ける
メリット 基礎体温法は、避妊というより妊娠したい人こそ大切です。健康管理という意味でなら、基礎体温を測ることはオススメです。
デメリット 避妊法としてみるには、失敗のリスクが高いです。月経周期が規則正しい人でも「排卵」は予想外の時に起こることもあります。

 

やっぱりおすすめは
避妊率が高く、安全「ピル」

病院以外でもピルはネットで購入することもできます。

しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後!さらに、まとめ買いするともっとお安く購入できてお得で便利ですよ。

送料無料画像

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-その他避妊薬

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.