低用量ピルってどんなお薬?

投稿日:

低用量ピルってどんなお薬?

http://oc-pill.net

2種類の女性ホルモンを化学的に合成した経口避妊薬

「低用量ピル」とは、女性が飲む避妊薬です。低用量ピルはOC(OralContraceptives)とも呼ばれて、高い避妊効果や生理の軽減効果などから、1960年にアメリカで初めて承認されてから急速に世界に広がり、今では世界中で1億人以上の女性が利用していると言われています。

低用量ピルは、女性の卵巣から分泌される2種類の女性ホルモン黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)を化学的に合成して作られています。

低用量とは、「ホルモン量がとても少ない」という意味で、飲みやすく、安全性も確立されているので、特別な大きな病気(心筋梗塞や血栓症など)がなければ、誰でも安心してのめる薬です。

ピルをのんでいる間は、排卵はお休みしており、女性ホルモンの大きな変動もなくなるので、安定した体調ですごせるようになります。

日本で一番普及している低用量ピルは、トリキュラーED(Triquilar ED)マーベロン21(Marvelon21)などです。

 

↓ おすすめピルランキングはこちら ↓低用量ピルランキング

 

日本では、1999年から発売。
最近では低用量ピルを服用する女性も増えてきています。

日本でピルが承認・販売されたのは、世界の先進国の中ではもっとも遅い1999年。

国別ピル服用率
日本では欧米と比較してピルの普及率が非常に低くなっています。
欧州では約30~50%、
アメリカでは18%の普及率であるのに対して日本では1~3%といわれています。

中国や韓国などのアジアの国よりも低いのが現状です。

日本でピルが普及していない原因としては、経口避妊薬としてピルが認可された時期が遅かったこともありますが、最も大きな要因はピルに対する偏見や誤解にあると思われます。

 

現在では、そういった誤解も少なくなり、避妊目的の使用よりも 子宮内膜症、月経困難症(ひどい月経痛)、月経前症候群(PMS)、月経不順、過多月経(月経の出血量が多い)などの症状を改善させる目的で服用を始める女性が多くなってきています。

低用量ピルのメリット(長所)

低用量ピルのメリット(長所)

●避妊効果が高く、飲み忘れをしなければ、不妊手術に匹敵するほぼ100パーセントの避妊効果が得られる。

●妊娠を希望すれば、再び妊娠できる

●女性の意志で避妊できる

●服用方法が簡単

●副効用がある(月経困難症の改善、月経周期を整える、鉄欠乏性貧血の改善や卵巣がん、子宮体がん、骨盤内の感染症、良性乳房疾患などの予防)

●未産婦でも使用できる

低用量ピルの基本の飲み方

ピル飲み方イメージ画像

21日間は連続して女性ホルモンが含まれたお薬を飲みます。その後の7日間はピルを飲むのを休む(休薬)か、成分が含まれていない偽薬を飲む2通りの飲み方があります。(ピルの種類やご自身の飲みやすい方法を選んで下さい)

この28日間のサイクルを「1周期」とします。
7日間の間の2〜3日目から生理に似た出血が起こります。

→詳しい低用量ピルの飲み方はコチラから

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

低用量ピルの購入はオオサカ堂がおすすめ

通販最安値で低用量ピルを購入出来ます!しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後なので、まとめ買いしておくと便利ですよ。

低用量ピルの購入はオオサカ堂がおすすめ

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピル基礎知識

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.