低用量ピルの種類・分類について

投稿日:

低用量ピルの種類・分類について

有効成分の配合量の違い

21日間飲む実薬に合成したプロゲステロンとエストロゲンが一定比率で入っているものを”1相性ピル”といい、生理周期による女性ホルモンの変化に合わせて配合量を変化させたものを”階段型ピル”といいます。

階段型ピルのうち、配合比と飲み方が3段階に変わるものが3相性ピル。1相性ピルは全ての錠剤に含まれているホルモン量が同じなので飲み間違いが少なくなりますが、3相性ピルの場合は決められた順序で飲まなければなりません。
飲み順番を間違えると不正出血を起こしたり、避妊効果が低下することもあります。

1相性ピル

1相性ピル

 

21日間の服用中、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合が一定で変わりません。
飲み間違いが少なくてすみます。日本で発売されている代表的な低用量ピルはマーベロン21(Marvelon21)です。

>>マーベロン

 

3相性ピル

3相性ピル

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合量が、途中3段階に分かれて異なり、服用する順番が決まっています。総ホルモン量が少なくてすみます。
日本で発売されている代表的な低用量ピルは、トリキュラーED(Triquilar ED)・アンジュなどです。

>>トリキュラーED(Triquilar ED)

 

服用方法による種類の違い

ピルは服用方法によって2種類に分けられます。
効果は変わりませんので、自分の好みで選んでみてください。

1シートの21錠すべてに有効成分の入った”21錠タイプ”と有効成分が入った21錠+プラセボ(偽薬)が1シートになっている”28錠タイプ”です。

21錠タイプ

21錠タイプ

21錠全てに有効成分が入っています。薬を服用しない時期があります。
生理をずらしたり、とばしたりするにはこちらのタイプが便利です。

28錠タイプ

28錠タイプ

有効成分が入った21錠と7錠の偽薬(効果のない薬)の合計28錠。服用しない期間がないので飲み忘れを防ぐことができます。
※プラセボを飲み忘れても効果に影響はありません。

服用開始日による違い

デイワンスタートピル

初めてのシートのみ月経1日目に服用開始。避妊効果は飲み始めた初日から有効です。

サンデースタートピル

月経後初めての日曜日から服用開始。1シート目の始めの1週間はコンドームなどの他の避妊法を併用する必要があります。ただし、サンデーピルでも日曜日に月経1日目を迎えて飲み始めた場合は、初日からピルのみで避妊効果があります。

週末に生理がかからないようにしたい方はこちらがおすすめ

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

低用量ピルの購入はオオサカ堂がおすすめ

通販最安値で低用量ピルを購入出来ます!しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後なので、まとめ買いしておくと便利ですよ。

送料無料・手数料なし・正規品保証・確実発送・安心梱包

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピル基礎知識

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.