低用量ピルで卵巣がん・卵巣膿腫の予防

投稿日:

低用量ピルで卵巣がん・卵巣膿腫の予防

http://oc-pill.net

卵巣は排卵のたびに刺激され大きな負担がかかる

卵巣膿腫や卵巣がんなどの卵巣の病気も、少子化が進むにつれて増えてきています。
卵巣は、ちょうどアーモンド粒ほどの臓器です、子宮の左右に1個ずつあり、扁平な形をしています。私たち女性は生まれた時から、この卵巣の中に、数百万個もの原始卵胞をもっているのです。
卵巣は、思春期を迎えると女性ホルモンを分泌して、周期的に卵胞を育てて排卵するというメカニズムを繰り返します。

卵巣内の卵胞が発育する→卵胞が破裂する→卵巣から卵子が飛び出る→破裂した卵胞の殻が修復される

という排卵が毎月繰り返される度に卵巣が刺激されて負担がかかるのが原因で、腫瘍ができるのではないかと考えられています。現代の女性は初潮年齢が低く、子供を産む回数も少ない為、昔に比べると排卵の回数が大幅に増えて、卵巣には大きな負担がかかっています。

低用量ピルのプロゲストーゲンの作用で子宮内膜のがん化を防ぐ

卵巣にできる腫瘍は、大きく”卵巣膿腫”と”充実性腫瘍”に分けられます。

卵巣膿腫とは

卵巣の中に分泌液がたまる腫瘍で、さわると柔らかいのが特徴。
卵巣腫瘍の80%は卵巣膿腫で、その多くは良性です。10代〜80代と幅広い女性に見られます。

充実性腫瘍とは

細胞や組織が増殖してかたいコブのようになる腫瘍で、さわるとかたいタイプです。
卵巣腫瘍の20%を占め、悪性のものが”卵巣がん”です。幅広い年齢層に見られますが、40代以降に多く見られます。卵巣がんは10万人に約5人と、発生率は多くはないものの。死亡率は50%と高く怖い病気です。

低用量ピルで排卵をコントロール、負担軽減

飲み始めて数ヶ月から起こる突然の不正出血について イメージ画像

低用量ピルを服用すると、卵巣がんの発症率が下がることがわかっています。ピルを飲むと排卵自体が起こらなくなるため、卵巣にかかる負担が減り、その結果として卵巣がんが発症しにくくなり、卵巣膿腫にも効果があります。

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

低用量ピルの購入はオオサカ堂がおすすめ

通販最安値で低用量ピルを購入出来ます!しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後!さらに、まとめ買いするともっとお安く購入できてお得で便利ですよ。

送料無料・手数料なし・正規品保証・確実発送・安心梱包

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピル副効用

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.