低用量ピルで子宮体がんの予防

投稿日:

低用量ピルで子宮体がんの予防

http://oc-pill.net

低用量ピルのプロゲストーゲンの作用で子宮内膜のがん化を防ぐ

ピルの服用は、子宮体がんの予防にも効果を発揮します。
子宮の下部3分の1の細くくびれた部分を”子宮頸部”、上部3分の2の膨らんだ部分を”子宮体部”といいます。子宮体がんは、この子宮体部にできるがんのことです。子宮体部の子宮内膜から発生することから”子宮内膜がん”と呼ばれています。

子宮体がんは若い女性には少なく、閉経後の女性に多く見られることが特徴です。50代の発症率がもっとも高く、次が40代です。出産経験の少ない女性や妊娠・分娩回数が少ない女性、生理不順の女性に発症しやすいといわれています。肥満や動物性脂肪中心の食生活、糖尿病や高血圧などもリスクを高めます。
代表的な自覚症状は不正出血と下腹部痛。子宮体がんにかかった人の9割に不正出血の方がいるそうです。

低用量ピルのプロゲストーゲンの作用で子宮内膜のがん化を防ぐ

ピルを飲むことで・・・

ピルを服用している人は、服用していない人に比べると子宮体がんのリスクが低くなることがわかっています。ピルに含まれるプロゲストーゲンの作用で子宮内膜細胞の増殖を抑え、がん化を防ぐからだと考えられます。
もう一つ、子宮にできるがん、子宮頸癌は若い女性には特に注意が必要です。30代が発症のピークで、20〜30代の女性では一番多いがんです。

子宮頸癌はワクチン接種と検診で予防

飲み始めて数ヶ月から起こる突然の不正出血について イメージ画像

子宮体がんの予防には効果があるピルですが、子宮頸癌には効果がありません。
子宮頸癌の原因は、セックスなどで感染するヒトパピロマーウィルスです。これは皮膚や粘膜に存在するウィルスで、性交経験がある女性の80%は一生に1度は感染すると言われています。

子宮頸癌は、ワクチンと定期的な検診で予防することができます。子宮頸癌予防ワクチンの接種と検診は毎年受けるようにしましょう!

低用量ピルで排卵をコントロール、負担軽減

低用量ピルを服用すると、卵巣がんの発症率が下がることがわかっています。

ピルを飲むと排卵自体が起こらなくなるため、卵巣にかかる負担が減り、その結果として卵巣がんが発症しにくくなり、卵巣膿腫にも効果があります。

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

低用量ピルの購入はオオサカ堂がおすすめ

通販最安値で低用量ピルを購入出来ます!しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後!さらに、まとめ買いするともっとお安く購入できてお得で便利ですよ。

送料無料・手数料なし・正規品保証・確実発送・安心梱包

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピル副効用

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.