低用量ピルで更年期障害の改善

投稿日:

低用量ピルで更年期障害の改善

http://oc-pill.net

卵巣機能低下と環境変化や体質なども要因に

女性は閉経にさしかかると卵巣の機能が低下して、体内のエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に減少してしまいます。エストロゲンは、肌や骨、血管、脳などに大きな働きをし、自律神経にも作用するため、全身にさまざまな症状が起こってしまいます。

卵巣機能低下と環境変化や体質なども要因に
さらに、40〜50代はライフサイクルにも大きな変化が起きやすい年代です。
子育てが一段落して本格的子離れが進む、自分や夫の親が病気になったり介護が必要になったりする、それまで以上に責任のある立場を任されるなどの環境的な要因で、大きなストレスを乗じる人も少なくありません。もともとの健康状態が悪化しやすい年代でもあります。

閉経を挟んで、その前後の約10年間を”更年期”といいますが、これらの要因が複雑に絡まり合って心身に不調や症状が現れ、日常生活に支障をきたす状態になることを”更年期障害”といいます。

更年期障害の低用量ピル効果

飲み始めて数ヶ月から起こる突然の不正出血について イメージ画像

日本人の平均的な閉経は50才前後。45〜55才ぐらいに更年期の人が多く、個人差もありますが早い人で30代後半から始まる人もいます。のぼせやほてり、頭痛、肩こり、イライラ、動機、不眠、手足の冷え、疲れやすいなど、症状はさまざまです。

これらはすべて、女性ホルモンのバランスが急激に崩れることによって起こります。

低用量ピルには体内のホルモン状態得お一定に保つ働きがあります。服用を続けていくと、更年期になって卵巣の働きが低下しても、ホルモン分泌量激減の影響を受けにくくなるため、更年期障害の予防に効果を発揮します。更年期の症状が出てきてから飲み始めても、症状の改善が期待出来ます。

飲み続けるのはいつまで?

更年期障害でピルを服用する場合、閉経するまでが一つの目安になります。

50歳前後で閉経を迎えますが、ピルを服用している場合消退出血が起こるので閉経したのがいつなのかわかりにくいことがあります。閉経後はピルの服用を停止してホルモン療法に切り替えていく場合が多いので、医師に相談してください。

 

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

低用量ピルの購入はオオサカ堂がおすすめ

通販最安値で低用量ピルを購入出来ます!しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後!さらに、まとめ買いするともっとお安く購入できてお得で便利ですよ。

送料無料・手数料なし・正規品保証・確実発送・安心梱包

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピル副効用

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.