低用量ピルでその他の病気の予防・改善

投稿日:

低用量ピルでその他の病気の予防・改善

http://oc-pill.net

低用量ピルのさまざまな副効用に注目!

低用量ピルは避妊薬ですが、避妊以外にさまざまな病気や症状を予防・改善したりすることができます。
このような副効用は現在とても注目されています。最近では、副効用を目的として低用量ピルを飲み始めるという人も大変増えてきています。

子宮筋腫

子宮筋腫 イメージ画像

30代以降の女性の3〜4人に1人には子宮筋腫があるといわれ、20代の女性にも増えています
子宮筋腫は、子宮の筋肉の細胞が異常に増殖してできる良性の腫瘍です。ボールのように丸く、大きさや数もさまざま、何年もかけて大きくなっていきますが、がんのように転移したりせずに、生命に関わることはほとんどありません。

人によっては、生理量が多くなって貧血を起こしたり、症状が進むと子宮自体を摘出したりすることもあります。
低用量ピルを飲むと、生理量が少なくなるので、それによる生理痛や貧血を軽減出来ます。

過多月経

過多月経 イメージ画像

1回の月経で出血する量は、個人差はありますが平均250mlと言われています。過多月経とは、出血量の多い日が3日以上続いたり、月経周期が7日以上の場合を言います。またレバーのような大きな血の塊が混じることもあります。

過多月経は、子宮筋腫や子宮内膜症の症状の一つとして現れます。これらの病気で子宮内腔の面積が広がったことで、その分剥がれ落ちる子宮内膜も多くなるためです。
ピルによって子宮内膜が薄くなるため、結果として過多月経が改善します。

骨粗しょう症

エストロゲンの分泌が減ることで、骨の内部がスカスカにもろくなって、骨折しやすくなってしまう状態が”骨粗しょう症”です、エストロゲンには骨を作る細胞を増やし、骨の材料になるカルシウムを骨に定着させるホルモンやビタミンDの合成を促す働きがあります、閉経後の女性のほか、最近は過激なダイエットなどで排卵が止まった若い女性にも見られます。

低用量ピルにはエストロゲンが含まれているので、骨粗しょう症の予防になります。
低用量ピルを服用している人は、閉経後も骨密度を高く保つことができることもわかっています。

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血 イメージ画像

生理量が多くて大量の血液を失うと、”鉄欠乏性貧血”になることがあります。
低用量ピルを服用すると生理量が減るので、結果として貧血が改善されます。

良性の乳房疾患

乳腺症や線維腺腫、のう胞などを含む良性の乳房疾患にも低用量ピルが効果的です。
乳房にできるしこりの90%は良性で、そのほとんどが乳腺症

女性ホルモンのエストロゲンが乳腺に強く働くのが原因と考えられています。
低用量ピルの服用でエストロゲンの分泌が抑えられるので、発症の予防になります。

脳動脈瘤

脳動脈瘤は脳の血管壁が弱って血管の膨張を引き起こすものです、膨張した血管壁が破れると生命にかかわる脳出血を起こすこともあります。低用量ピルは、脳動脈瘤の予防に効果があることがわかっています。

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

低用量ピルの購入はオオサカ堂がおすすめ

通販最安値で低用量ピルを購入出来ます!しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後!さらに、まとめ買いするともっとお安く購入できてお得で便利ですよ。

送料無料・手数料なし・正規品保証・確実発送・安心梱包

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピル副効用

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.