低用量ピルの不正出血… まずは確認!

投稿日:

低用量ピルの不正出血

低用量ピルの不正出血について

低用量ピルを使っているときに不正出血が起きることがあります。
低用量ピルの飲み忘れや下痢や体調不良等によって起こる不正出血もあります。低用量ピルを初めて服用する方は特にこの症状が現れることがあります。

こういった色々な原因が考えられますので、まず不正出血を起こす病気があるかどうかを調べることが重要となります。クラミジアや淋菌といった性病は不正出血の原因となることがありますし、排卵がないときも不正出血が起きやすくなります。性交後に出血がでるなら子宮頚がんの検査をした方がよいかもしれません。
不正出血が長く続くという方は一度医師に相談してみましょう。

低用量ピル飲み初めの不正出血

低用量ピル飲み初めの不正出血 イメージ画像

ピルの飲み始め、特に1シート目の場合、生理がすっきり終わらずに少量の出血がだらだらと続き不正出血が起こることが多いです。徐々に少なくなっていき、数ヶ月後には不正出血がなくなることが多いので気にせずに飲み続けても自然になくなるタイプの出血なので、特別な対策は不要です。
また、不正出血が起こるのは喫煙者に多いといわれています。

3シート目以降になっても不正出血が止まらないときは中用量ピルを使う、低用量ピルを1日に2錠服用するまたは一旦ピルの服用を中止するなどによって止血する対策が必要となります。

飲み始めて数ヶ月から起こる突然の不正出血について

飲み始めて数ヶ月から起こる突然の不正出血について イメージ画像

対策1

長くピルを服用している間の不正出血の多くは、ピルに含まれている黄体ホルモン剤の影響で子宮内膜が少しもろくなることが原因です(専門的にいうと脱落膜化といいます)。専門用語で破綻(はたん)出血とよばれる出血です。放っておいてもよいのですが、シートの前半で出血すると長引くので、たとえばプレマリンという薬を1日1錠、7日間のめば大抵止血します。

対策2

21日型タイプのピルでは休薬期間(偽薬服用期間)が7日間ですが、その間に卵胞が途中まで発育することがあります(つまり卵巣の周期が元に戻ろうとする)。卵胞が途中まで発育している間に少しエストロゲン(卵巣から出る女性ホルモン)が増え、その後に減るので、消退出血(エストロゲンが減ることによる出血)という不正出血が起こります。

何度も出血する人の場合には、24日型タイプのピルのように実薬を24日服用して休薬を3~4日にしてみるという手を試してみるのもよいです。ただし、この方法を利用するには1相性のピルを使う必要があります。

その他

感染(例えばクラミジア感染)が原因で出血するということもあります。
その場合、おりものの色が黄色や茶色っぽくなったという程度の軽い出血である場合が多いです。

 

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

otoku

通販最安値で低用量ピルを購入出来ます!しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後!さらに、まとめ買いするともっとお安く購入できてお得で便利ですよ。

送料無料画像

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピルのお悩み, 低用量ピル基礎知識

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.