低用量ピルをオススメする3つの理由

投稿日:

低用量ピルをおすすめする理由

http://oc-pill.net

1.  生理の予定を自分でコントロールできる

ピルを服用すると、生理が規則的に来る以外にも、生理の予定日を遅らせたり早めたり、生理自体をなくしてしまうこともできます。


予定に合わせて、平日に生理が来るようにして週末を楽しんだり、逆に週末に生理が来るようにして体を休めたりと、自分のリズムに合わせて毎月の生理予定日を調整できます。旅行や試験、失敗できない大事な仕事の時など、イベントの前後に生理をずらすことも可能です。

ピルは通常で21日間服用し、その後7日間の休薬期間を設けますが、休薬せずに飲み続けることで、その月の生理をスキップすることもできます。

2.  子宮内膜症や卵巣がん、子宮体がんのリスク軽減

出産回数が減り、排卵数が増えたことによる影響で、女性が婦人科系の疾患を発症する確率は高くなっているそうです。

排卵や生理を繰り返すたびに、卵巣や子宮には大きな負担が毎月かかっています。現代女性に子宮内膜症や子宮体がん、卵巣がんなどが増えているのはこうしたライフスタイルの変化が原因だと言われています。

低用量ピルを服用すると、卵巣は休眠状態になり、子宮内膜は薄くなって生理は軽くなります、休薬期間や偽薬を飲む期間を設けずに実薬を3シート飲み続けることで、その間の生理を飛ばすこともできます。卵巣や子宮を休ませることは婦人科疾患の改善や予防にもつながり、将来の妊娠力を高めることにもなるので、心配は不要です。

ピルを飲むとそういった病気の予防にもつながります。ピルを5年間継続して服用していると、そうでなかった場合より卵巣がんの発症が3割抑制できることも分かっています。

3.   35歳からの妊娠力アップ

妊娠ができる確率は、想像しているよりとても低いものです。

男女そろって若い年齢で健康、それに加えて排卵日に合わせて性交渉を行う好条件でも妊娠の可能性は20~25%といわれています。

同じ条件で35歳の女性であれば確率は10~15%になってしまいます。40歳後半ともなってしまえば自然妊娠ができる可能性はわずか1~5%になります。年齢が上がるにつれて妊娠の確率はますます低くなってしまいます。

しかし、ピルを服用することで年齢による原因の緩和が期待されています。

20代からピルの服用を続ける必要がありますが、卵巣を休ませるなどピルの働きによって、2006年に実施された受精卵移植では、35~37歳で37.3%、38~40歳で26.6%、42歳で15.2%、43、44歳でも6.7%と確率が上がったのです。

この結果を踏まえ、20代と早い年齢から服用していたことで、ホルモンバランスも整っているなど体が妊娠しやすい状態になっていたことが30代後半からでも比較的スムーズに妊娠できたことに繋がったのではないかといわれています。

低用量ピルで卵巣を休ませることが大事

もともと、卵子の数は決まっていますし、年齢が上がるとともに老化は避けられないのが普通ですが、ピルの服用で卵巣を休めることで卵巣が元気な状態でいられます。

また、卵巣がよく休んだ後に排卵される卵子はとても状態が良いといわれているので、ピルは、いざ子供が欲しいと思ったときにスムーズに妊娠へ運んでくれることが期待できます。

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

通販最安値でマーベロンを購入出来ます!しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後!さらに、まとめ買いするともっとお安く購入できてお得で便利ですよ。

送料無料画像

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピル基礎知識

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.