ピルが処方されるまで ”値段はいくら?保険は適応されるの?”

投稿日:

ピルは婦人科クリニックで処方

ピルは薬局で簡単に買えると思っている人が意外と多いですが、ピルは医師の処方箋がなければ入手できません。まずは婦人科クリニックを訪れましょう。訪れる前に電話やホームページで、ピルを扱っているかどうか確認してください。合わせて診療時間や休診日、ピルの費用や初診にかかる費用、予約の必要の有無などを確認しておけば万全です。

自由診療のため保険適応外

ピルは自由診療のため、基本的に健康保険が適応されません。しかし、検査の際に病気が見つかった場合は適応になることもありますので保険証は必ず持っていきましょう。

ピルの値段は?

クリニックによって値段は違ってきます。平均すると1シート2000円〜4000円程度です。それ以外に初診料や、場合によっては検査料が約5000円程度加わります。

ピル処方の流れ

1.問診票に記入

クリニックを訪れたら診察の前に問診票に記入します。問診票には、生理周期や喫煙の有無、過去の病歴や飲んでいる薬などについての質問が並んでいるのが一般的です。

2.医師による診察

問診票をもとに、医師による診察がはじまります。排卵があるかどうか、妊娠していないかどうか、そのほかに重い副作用を起こすような健康状態にないかどうかを確認されます。

質問に対しては、できるだけはっきりと答えることが大切。ピルを飲みたい理由をきちんと説明しあらかじめメモしておいたピルに関する不安や疑問なども忘れず質問しましょう。

3.検査を受ける

問診が終わったら、必要に応じて次のような検査が行われます。検査の結果がわかるまで一週間程度かかる場合もあります。

・血圧検査
高血圧の場合、ピルを飲むのみ注意が必要になる。

・血液検査
肝機能が正常かどうか調べる

・尿検査
尿糖や尿蛋白の検査の他に、妊娠の有無も調べることもある。

4.ピルを処方される

問診と検査に問題がなければ、ピルが処方されます。飲み方や注意点などを指導されますので、わからないことは遠慮しないで聞きましょう。

初めての方は1ヶ月後に再受診

初めてピルを飲む場合、次回は1ヶ月に受診します。その後は特に問題なければ3ヶ月に1回のペースで受診し、ピルを処方してもらいましょう。

ピル服用を機に検査を受けることは、副作用の予防や性感染症、婦人科系の病気など早期発見にもつながります。半年に1回、または1年に1回など定期的に受けるようにしましょう。

 

低用量ピル通販購入”最安値”
→「オオサカ堂」ネット通販がおすすめ!

病院以外でもピルはネットで購入することもできます。

しかも、送料無料で安心・安全のサイトです。
商品到着は1週間前後!さらに、まとめ買いするともっとお安く購入できてお得で便利ですよ。

送料無料画像

豊富な商品を安く購入できます

嬉しい送料無料!

正規品のみ取り扱い

梱包、発送も丁寧確実です


トリキュラー購入

マーベロン購入

ダイアン購入
日本で人気が高く病院でも処方されているピルで安全性も確かです。 ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 

ヤスミン購入

ヤーズ購入

ノリディ購入 
体重増加・むくみ・ニキビなどの副作用が少ないピル ピルだと吐き気が強くて飲めなかったという人も副作用の心配なく使える  喫煙者や35歳以上の女性・授乳中・血栓症の方も服用できるミニピル。 

-低用量ピル基礎知識

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.