「低用量ピル副効用」 一覧

低用量ピルでPMS(月経前症候群)の軽減

低用量ピル副効用

低用量ピルでPMS(月経前症候群)の軽減

2018/04/13  

ほとんどの女性が経験しているPMSについて PMSとは、月経前症候群と呼ばれ、生理前の約2週間前から現れるさまざまな心身不調でほとんどの女性が一度は経験したことがある症状です。 症状は、身体と心のトラ ...

低用量ピルで子宮内膜症の改善

低用量ピル副効用

低用量ピルで子宮内膜症の改善

2018/04/13  

生理がある人の10人に1人は子宮内膜症を持っている!? 少子化が進むようになって増えてきた、婦人科の病気の一つに”子宮内膜症”があげられます。 10代後半〜30代に多くみられ若い人にも起こるのが特徴で ...

低用量ピルで卵巣がん・卵巣膿腫の予防

低用量ピル副効用

低用量ピルで卵巣がん・卵巣膿腫の予防

2018/04/13  

卵巣は排卵のたびに刺激され大きな負担がかかる 卵巣膿腫や卵巣がんなどの卵巣の病気も、少子化が進むにつれて増えてきています。 卵巣は、ちょうどアーモンド粒ほどの臓器です、子宮の左右に1個ずつあり、扁平な ...

低用量ピルで子宮体がんの予防

低用量ピル副効用

低用量ピルで子宮体がんの予防

2018/04/13  

低用量ピルのプロゲストーゲンの作用で子宮内膜のがん化を防ぐ ピルの服用は、子宮体がんの予防にも効果を発揮します。 子宮の下部3分の1の細くくびれた部分を”子宮頸部”、上部3分の2の膨らんだ部分を”子宮 ...

低用量ピルで更年期障害の改善

低用量ピル副効用

低用量ピルで更年期障害の改善

2018/04/13  

卵巣機能低下と環境変化や体質なども要因に 女性は閉経にさしかかると卵巣の機能が低下して、体内のエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に減少してしまいます。エストロゲンは、肌や骨、血管、脳などに大きな働き ...

低用量ピルでその他の病気の予防・改善

低用量ピル副効用

低用量ピルでその他の病気の予防・改善

2018/04/06  

低用量ピルのさまざまな副効用に注目! 低用量ピルは避妊薬ですが、避妊以外にさまざまな病気や症状を予防・改善したりすることができます。 このような副効用は現在とても注目されています。最近では、副効用を目 ...

低用量ピルでニキビ・肌トラブルが改善!

低用量ピル副効用

低用量ピルでニキビ・肌トラブルが改善!

2018/04/06  

男性ホルモンを抑えてニキビを治す 低用量ピルは女性の美容面にも大きな力を発揮してくれます。 目立って改善されるのはニキビです。ニキビは男性ホルモンの働きにより、皮脂腺が発達して、毛穴から皮脂が過剰に分 ...

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.