「 tsumagiの記事 」 一覧

低用量ピルってどんなお薬?

低用量ピル基礎知識

低用量ピルってどんなお薬?

2018/04/13  

2種類の女性ホルモンを化学的に合成した経口避妊薬 「低用量ピル」とは、女性が飲む避妊薬です。低用量ピルはOC(OralContraceptives)とも呼ばれて、高い避妊効果や生理の軽減効果などから、 ...

低用量ピルの種類・分類について

低用量ピル基礎知識

低用量ピルの種類・分類について

2018/04/13  

有効成分の配合量の違い 21日間飲む実薬に合成したプロゲステロンとエストロゲンが一定比率で入っているものを”1相性ピル”といい、生理周期による女性ホルモンの変化に合わせて配合量を変化させたものを”階段 ...

低用量ピルを飲むとなぜ避妊できるの?

低用量ピル基礎知識

低用量ピルを飲むとなぜ避妊できるの?

2018/04/13  

以下の3つのメカニズムにより、ピルの避妊効果は確実なものになります。 1.脳がホルモン分泌を止め、排卵をストップ 妊娠は、卵巣から排卵が起こり、卵子が子宮内で精子とであって受精卵になり、子宮内膜に着床 ...

低用量ピルはメリットいっぱい!

低用量ピル基礎知識

低用量ピルはメリットいっぱい!

2018/04/13  

高い避妊効果!女性の意思で避妊ができる 一般的に知られているメリットとして、下記の表のように避妊効果が高いことと女性の意思で避妊ができることがあげられます。 【様々な避妊使用開始1年間の失敗率(妊娠率 ...

低用量ピルの副作用は大丈夫?

低用量ピル基礎知識

低用量ピルの副作用は大丈夫?

2018/04/13  

低用量ピルを飲み続けるうちに副作用の心配も解消 ピルを飲み始める方が一番心配されるのが副作用。ある調査でもピルを飲み始める前に不安なこととして副作用をあげた方は64%もいます。 しかし、同じ調査ピル服 ...

低用量ピルは太る・がんになる・妊娠できなくなる?

低用量ピル基礎知識

低用量ピルは太る・がんになる・妊娠できなくなる?

2018/04/13  

1.低用量ピルをのむと”太る”? 下の表からもわかるように、ピルを飲んでいるからといって太るということはほとんどないと判断出来ると思います。PMS(月経前症候群)で食欲が増して太ってしまうという方は、 ...

生理をずらしたり回数を減らすことが心配?

低用量ピル基礎知識

生理をずらしたり回数を減らすことが心配?

2018/04/13  

排卵や生理の回数が増えると、卵巣や子宮に大きな負担がかかります 低用量ピルを使用している方のメリットのひとつに、大切なイベントなどの時に生理をずらしたり飛ばしたりして、コントロール出来るということがあ ...

低用量ピルで生理不順や生理痛が改善

低用量ピル服効用

低用量ピルで生理不順や生理痛が改善

2018/04/13  

低用量ピルで生理のわずらわしさが解消! 低用量ピルには、避妊以外にもたくさんのメリットがあります。 代表的なものとしてまずは”生理不順や生理痛の改善”など、生理に関係する効果です。毎月、いつ来るかわか ...

低用量ピルでPMS(月経前症候群)の軽減

低用量ピル副効用

低用量ピルでPMS(月経前症候群)の軽減

2018/04/13  

ほとんどの女性が経験しているPMSについて PMSとは、月経前症候群と呼ばれ、生理前の約2週間前から現れるさまざまな心身不調でほとんどの女性が一度は経験したことがある症状です。 症状は、身体と心のトラ ...

低用量ピルで子宮内膜症の改善

低用量ピル副効用

低用量ピルで子宮内膜症の改善

2018/04/13  

生理がある人の10人に1人は子宮内膜症を持っている!? 少子化が進むようになって増えてきた、婦人科の病気の一つに”子宮内膜症”があげられます。 10代後半〜30代に多くみられ若い人にも起こるのが特徴で ...

低用量ピルで卵巣がん・卵巣膿腫の予防

低用量ピル副効用

低用量ピルで卵巣がん・卵巣膿腫の予防

2018/04/13  

卵巣は排卵のたびに刺激され大きな負担がかかる 卵巣膿腫や卵巣がんなどの卵巣の病気も、少子化が進むにつれて増えてきています。 卵巣は、ちょうどアーモンド粒ほどの臓器です、子宮の左右に1個ずつあり、扁平な ...

低用量ピルで子宮体がんの予防

低用量ピル副効用

低用量ピルで子宮体がんの予防

2018/04/13  

低用量ピルのプロゲストーゲンの作用で子宮内膜のがん化を防ぐ ピルの服用は、子宮体がんの予防にも効果を発揮します。 子宮の下部3分の1の細くくびれた部分を”子宮頸部”、上部3分の2の膨らんだ部分を”子宮 ...

低用量ピルで更年期障害の改善

低用量ピル副効用

低用量ピルで更年期障害の改善

2018/04/13  

卵巣機能低下と環境変化や体質なども要因に 女性は閉経にさしかかると卵巣の機能が低下して、体内のエストロゲンなどの女性ホルモンが急激に減少してしまいます。エストロゲンは、肌や骨、血管、脳などに大きな働き ...

低用量ピルでその他の病気の予防・改善

低用量ピル副効用

低用量ピルでその他の病気の予防・改善

2018/04/06  

低用量ピルのさまざまな副効用に注目! 低用量ピルは避妊薬ですが、避妊以外にさまざまな病気や症状を予防・改善したりすることができます。 このような副効用は現在とても注目されています。最近では、副効用を目 ...

低用量ピルでニキビ・肌トラブルが改善!

低用量ピル副効用

低用量ピルでニキビ・肌トラブルが改善!

2018/04/06  

男性ホルモンを抑えてニキビを治す 低用量ピルは女性の美容面にも大きな力を発揮してくれます。 目立って改善されるのはニキビです。ニキビは男性ホルモンの働きにより、皮脂腺が発達して、毛穴から皮脂が過剰に分 ...

低用量ピルの飲み方

低用量ピル基礎知識

低用量ピルの飲み方

2018/04/06  

低用量ピルを1日1錠、毎日同じ時間に飲むだけ! 低用量ピルの飲み方は簡単です。1日1回1錠を、毎日同じ時間に飲むだけです。 これにより、血液中の女性ホルモンの量が一定に保たれ、ピルだけで99,9%の避 ...

超低用量ピル”ヤーズ” バストアップ・エイジングケアにも

低用量ピル 避妊薬一覧

超低用量ピル”ヤーズ” バストアップ・エイジングケアにも

2018/04/06  

ヤーズ(Yaz) ヤーズの効果と特長 エストロゲンの含有量が0.02mgの超低用量ピルです。ピルの中でも新しい第4世代の薬です。おもに生理痛の緩和や月経困難症(PMS)の改善に用いられます。 ピルによ ...

ヤスミン(超低用量ピル)は太りにくい!しかもニキビも改善

低用量ピル 避妊薬一覧

ヤスミン(超低用量ピル)は太りにくい!しかもニキビも改善

2018/04/06  

ヤスミン/a> ヤスミンの効果と特長 ヤスミンは、人気の高い第四世代の超低用量避妊ピルです。体内にある天然の黄体ホルモンと似た成分を使用しているため、今までのピルに比べるとホルモンバランスの変化 ...

ダイアン】薄毛・ムダ毛・多毛症に!?

低用量ピル 避妊薬一覧

【ダイアン】薄毛・ムダ毛・多毛症に!?

2018/04/05  

ダイアン ダイアンの効果と特長 ダイアンは、小柄なアジア人の体質に合わせ作られた低用量ピルです。 女性の体内にある男性ホルモンの働きを抑制する作用があります。そのためダイアンは、避妊目的以外にも、ニキ ...

マーベロン ニキビ

低用量ピル 避妊薬一覧

ニキビ対策にマーベロン(低用量ピル)を使う方が増えてます!

2018/04/05  

マーベロン28(Marvelon28) マーベロンの効果と特長 ニキビや多毛性に効果のあるといわれている低用量ピルで、ニキビの治療薬として皮膚科でも処方されているピルです。 マーベロンは日本で発売され ...

Copyright© 低用量ピルおすすめ , 2018 All Rights Reserved.